メイン

food アーカイブ

2003年12月06日

昨日よりもっと

着物デビューで出かけるまで大騒ぎ。けど一回着たら気が済んだような気がしなくもない。blogだって明白に設定で力尽きてるしな。何とかしろ、その一過性の性格。ネット友のK美さんと新宿で甘味→参宮橋で食事→下北沢でお茶。参宮橋の駅前で会社の人とすれ違った。休日出勤ですか? 驚いた。人と会って話すと寂しくなる。誰と語ることもなく過ごしている日常が空恐ろしくなる。今日は今日で楽しく過ごしたのですけれども。よくわからないな。参宮橋クリクリは、毎日前を通っていながら正体不明な印象に反して、いい店でした。エイヒレとクコの実のスープ、鯛のカルパッチョ、鴨と柿、蒸し野菜(自家製マヨネーズ和え)、田舎風パン、フレッシュオレンジジュースをいただき、どれも素材の味をそのまま出したシンプルで力強い料理だった。また行こうと思った。メルシー、唐沢俊一。

2003年12月24日

メリー・クリスマス

今年のケーキはU海さんご推薦の、パーク・ハイアット(職場の向かい)、ペストリー・ブティックのストロベリー。¥3,900(税込)。実家が貧乏だったのか、単に面倒だったのか、クリスマスに立派なケーキが出たことは、二、三回しかないような気がする。ケーキの予約なんて、お金持ちのすることだと思っていた。別にするよな。普通に。だってホールケーキの需要なんて、誕生日とクリスマスだけじゃない(偽広島弁)。一年に二回。三千円が眩しかった若き日から、遠くに来たものだ。ご推薦といえば「仁義なき戦い」全五部も同じくU海さんのおすすめなのでありました。友達少ない…。すなわち情報源が少ないってことだ。ネット見るのも手がかりがなくて溺死する。右下の方に地味に出現しましたLINKS くらいしか行かない(あと、恩師のとこ)。mkのページはうちと違って毎日更新されていて、カレンダーがぴしっと埋まって美しいですよ。クリスマス・プレゼントに、五本指の靴下をもらった。

x'mas cake

2004年02月06日

金曜日は外食

松屋の豚めし食ったぜ! 紅ショウガとごまがきいててグー! 食後のデザートはコンビニの味付きゆで玉子、というジャンクな夕食。

2004年02月14日

六花亭

チョコレートの日である。今年は六花亭のストロベリーチョコを取り寄せてみた。さくさくしておいしい。一緒に頼んだマルセイバターサンドもおいしい。小川軒のレーズンウィッチより好き。恩師ページのドメインが確定したので、登録作業などに追われる。ジオの現状を見ていると、楽しそうにやっていらっしゃることだし、このままでいいような気がしてくる。ただなー、主たる日記ログだけが問題なのだ。100KB の月別ファイルを手で編集するのに疲れたの…(既に半年放置)。

rokkatei

2004年05月22日

AAA 展とタイ料理の土曜日

ここにリンクを張って下さっているイラストレーターのあやせさんが、グループ展の案内を下さったので、行ってきた。目白の小さな花屋に併設の小さなギャラリー。目白で降りたのは初めて。小雨。絵はイマドキな感じで、ポストカードを買っても勿体なくて使わなそうだと思い、緑のシールを購入したら、おみやげに一枚いただいてしまった。本当は絵を買えばいいんだが、どう飾ったものか想像力が足りない。ああ、いいなぁ、絵が描けて、それを発表できる場があって。そういう出来事にはどうしても触発される。隣の池袋に移動し、次の待ち合わせまで喫茶店で百間先生を読む。日記帖はエッセイよりも赤裸々に先生の心情や毎日の雑事が連ねられている。過去の原稿を整理したり、祖母様が熱を出したり、借金をして心労したり忙しい。エッセイは飄々として余裕があるが、日記はさすがに切迫した感じがする。久しぶりにイルムスに行ったら、ティーマの新色(緑グレー)が出ていたので、小プレート¥1,800とシリアルボウル¥1,200を買う。前々から四角いベジタブルプレートを買おうと思っているのに、買えない。白で揃えれば悩まなくて済むのにな。五時から二人のミニマルメンバーのタイ料理を食べる会。池袋北口の風俗街の中にプレハブみたいな安い造りの店を構えているくせに、銀座に支店を出すほど繁盛しているピラブカウである。二回目だが、ここが都内で一番ではないかと思っている。ヤムウンセン、空心菜の炒め物、トートマンクン、蟹のカレー炒め、トムヤムクン、と好きなものだけがテーブルを占拠し、贅沢な気持ちになる。たいへん美味しい。二人で四人前ほど食べたような気がするが、¥7,800くらい。安い。ケータイ板@2ちゃんねるに飽きてきたので、新しい趣味を創出しなければ。書きたいなと思った。思うだけ。

2004年05月27日

弁当を作る

OS X 10.3.4 アップデートが来た。41MB、楽勝だぜ。新しい趣味、というか興味、というか妄想、それは弁当だった。毎日おにぎり二コしか食べないのだから、ごはんを炊いて詰めて持って行けばいいのである。それから500ml ペットボトルの水や茶を午前と午後に一本ずつ飲むのならば、麦茶を入れた1Lの水筒を持参せよ、と。昔から年寄り向けの雑誌(通販生活など)が好きで、今、一番熱いのはサライ(読者欄・四〜六十代)なのだが、これに弁当箱が出た。しかし、尾鷲わっぱと飯行李、二つ並べるのは止せ。どっちにすればいいかわからん。水筒だって1Lともなれば巨大である。ただでさえ重い鞄に、さらに荷物を増やしてどうする。その前にやかんが無い。うちでお湯を沸かすのは二人分ちょうどのコーヒーポットなのである。朝晩米を炊くのであれば、冷蔵庫だって必要だ。炊飯器もまともなのが欲しい。あーあー、大変だ。妄想だけに止まることを知らないのだった。

2004年06月12日

家電まとめ

平日は黙々と働いて過ぎた。金曜日は参宮橋クリクリで無国籍料理、たいへん美味しい。アボガドとエビのサラダ、いろいろきのこの温サラダ、シシカバブ、クスクス。フレッシュオレンジジュース、ラッシー。買わんとするものが多過ぎて処理不能。足し算も出来ない。auの請求書が¥7,198で、都民税も来た。その昔、BRAUN の白い時計がなくなったと怒り悲しんでいたが、mkがシルバーを見つけてくれてすかさず購入(¥4,200+税+送料)。

040612_2230001.jpg

今日は蒸し暑い中、代官山のunico を見に行った。TVボードとサイドボード。ちょっといまいち。テレビ(SONY・16inchワイド)と炊飯器(三菱・三合炊き)と洗濯機(シャープ・3.8kg)は95年の独立時のものをそのまま使っている。九年。冷蔵庫(三洋・47L)はmkの独立時のものなので、13年だそうだ。物持ちいいな。耐用年数を超えたら、家電の支配者がごほうびに新しいのを買ってくれたりしないのか。検討中のものをまとめておく。

■ SONY 液晶WEGA KDL-L23RX2(七月発売予定)¥315,000
http://www.ecat.sony.co.jp/wega/products/index.cfm?PD=17589&KM=KDL-L23RX2
・地上デジタルチューナーとメモリースティックはどうでもいい
・スピーカー部が白い塗装でイイ!

■ Electrolux by TOSHIBA ERE-19A(六月発売予定)188L ¥58,590
http://www.toshiba.co.jp/webcata/refrige/ere_19a.htm

■ Electrolux by TOSHIBA EWD-D70A 7kg ¥79,900
http://www.toshiba.co.jp/webcata/housekeep/ewd_d70a.htm
・七月に新型発売の噂
・設置場所65×65cm(無理言うな) 等、否定要素が山盛り。

■ 象印 ZUTTO NP-DA10 ¥15,540
http://www.zojirushi.co.jp/syohin/zutto/index.html

足し算…。のだめ九巻を読んだ。次の展開が楽しみな胸躍る青春ドラマ。

2004年06月24日

カシャーン

マーク・ニューソンのコップを割った。短い命だったな…。昼はラーメン屋で冷やしそばを頼んだら普通に冷やし中華が出てきた。山盛り。速攻オナカ壊す。食べてすぐオナカ壊すのがしょっちゅうの自分はもしかして弱いのかな。

2004年06月26日

レフジエーター・パニック

再びの冷蔵庫を求める旅路。新宿ハルクのトロワグロで前菜付きのランチを食べて、ビックカメラに上がる。ERE-19A はまだなかった。その他、液晶テレビ、DVD レコーダー、アンプなどを見る。電気屋は楽しい。地下通路を通って伊勢丹。目的は和久傳(わくでん)のれんこん菓子・西湖(さいこ)と、鱧茶漬けである。らんぶるで喫茶してTOWER に回る、が、混み過ぎ。最後にABC をぐるっと回って、消化不良で帰途に着く。西湖ウマイ。晩ごはんは鱧。贅沢でした。Fマリノス三連覇スゴイねー。

2004年07月16日

夏休みの前

火曜日、日帰りでオトートと共に関西に行った。JR尼崎でハハと落ち合い、県立病院に入院している叔父のお見舞い。それで自由解散になるかと思ったら、祖父の家に行くことになってしまった。上京して一度も訪れたことがない。九年以上振りですか。祖母が亡くなって一年経つ小さな家は、小さな仏壇が供えられ、心なしか荒れているようだった。阪神尼崎のでかい商店街の一本入ったところにある双葉寿司で寿司をごちそうになる。旨かった。店で相撲がかかっていたな。朝青龍が勝って、そこで六時。タイムリミットである。会いたかった友人には会えず、新大阪に取って返す。とん蝶は売り切れ。若狭名物が何故売っているのか謎だが、焼鯖寿司と泉州の水茄子の漬物を自宅用に求める。19:10 発ののぞみ自由車喫煙席は考えるまでもなく一両しかない。過酷な席取り合戦である。京都で二人掛けが空いて、オトートは寝てしまった。iPodを聞きながら日夏をやっとのことで読了。こういう機会でないとまとまって本が読めない。新幹線の楽しみはコーヒー。移動だけで疲れ切って帰った。一日二日疲れが後を引く。iPodが役目を終えたように壊れてしまった。初代で、充電池もへたり気味。修理に出すべきか悩む。辛うじて働いて金曜日になった。20日が夏休みで四連休になる。明日は病院で、家具が二つ届く。

2004年08月21日

銀座ピラブカウ

昨日は銀座ピラブカウでタイ料理を食べる会。心身が一新されるように爽やかに美味である。¥3,700。今日は病院の後、帰りの電車で腹具合が悪い。石丸のトイレを借りる。ついでに地下のDVD 売場を覗き、「ハード・デイズ・ナイト」、別名「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を¥2,500以下で入手。廉価版「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三枚が欲しいのだが、なくなっていた。帰宅して録画の「東京オリンピック」(市川崑)を観ながら昼寝。アアルトのテーブルが来る。腹が本調子でないのと、下北沢の阿波踊りの喧噪を嫌って、何となく出かけないで上海をケータリング。二日続けて食い過ぎだ。

2004年10月23日

おにぎりが好き

スープカレーなる文化は、札幌から輸入されたもののようだ。二度目の今日は胃もたれして辛い。腹ががぶがぶになる。明日の羅針盤ライブに備え、山本精一の書庫を教えてもらって読む。音楽というフィールドに限定されず、何て端正な文章を書く人だろう。読み耽る。「ギンガ」ももちろん愛している。映画は「ぼくのプレミア・ライフ」の最後辺りで地震が来た。これはやばいと思ってどきどきした。週の半分は新潟にいるというカタギのオトートから速攻「心配なし」のケータイメール。瞬間風速的にサーバが混んでいたらしく、数回リトライして、やっと受信できた。夜ごはんは胃もたれで絶食しようかと思ったが、軽くおにぎりを作った。おにぎりが好きだ。好きな食べ物を問われたらおにぎりと答えよう。自分で握ったのが一番おいしい。

2004年12月01日

十二月

staticform.net は一周年! いつもどうもありがとうございます。昨日のエントリーで無造作にリンクしたら、トラックバックの自動検出が働いてしまった。さっき気づいて焦った。すみません…>外国の人。ひらたさんの所にも飛ばしている、エラーになっているのがせめてもの慰め(泣)。削除して投稿し直し、役に立たない改造点を書き加える。こういうこともあるから、うっかり送ってしまったトラックバックは発展的なのかも知れない。二度とやらないけどな!(設定外しました)。クリスマス・ケーキ予約。今年もパーク・ハイアットのペストリー・ブティックである。贅沢だ。楽しみだ。

2004年12月24日

Merry Christmas

041224_2232001.jpg

2004年12月27日

Santa Marta

for upfor break

ネスカフェ・サンタマルタの缶、すっきりしていて好きだ。毎日じゃないけど、たまに飲む。25日に注文したiPod Stereo Connection Kit が来た。アップル・ストアは、土日は止まっているようだ。荷物が愛しいと、運んでくれる福山通運まで好感度が上がる。品川から当日再配達してくれてありがとう!

2004年12月31日

大晦日はすき焼き

東京では、一昨日が雪で、昨日は冬晴れで、今日はまた雪が降った。ストーリーのある年末だな。大晦日は恒例のすき焼きである。暮ればかりは奮発して一番いい山形牛(¥1,400/g、250g)を買ってくる。美味であった。満足。良いお年を。

2005年01月01日

明けましておめでとうございます

2005年。いいことがあるといいな。雑煮は、鴨といくらの華やかなお碗。餅は伊勢屋でのし餅を買ってきた。出汁巻き卵と黒豆と正月の煮物だけ、好きなものだけ用意するおせち料理。初詣は、昼過ぎにゆるゆる出かけたら、行列していたので諦めて、遠くから柏手打って帰ってきた。雪解けの元日の散歩は、静かで人が少なくて楽しい。昨日、年末のご挨拶を頂戴しました。皆さんに幸多き一年であることをお祈りいたします。寝転んで過去ログを読んでいる。こうなると次はいよいよAirMacなのだろうな、と、次世代の気配を身近に感じるのだった。iBook、基本的に電源は有線で使っていますが、外しても三時間は保つ。ごーろごろ。

2005年05月05日

JBL Duet

過去ログ読みに入ると他の一切の活動が停止するのであった。まだオークションのミシンが届いていないのに、すでに強力なロックミシンが欲しくなっている。そ、それでTシャツを…。ハァハァ。今すぐに買えないならミシン貯金をして二年後に買おうか。この欲望スパイラルの始点は何だったのかなー(遠い過去)。麻布で作ったハンカチが欲しくて、その前に麻ひもを買っているから、組ひもの本だな。組ひもでブレスレットを作りたかっただけのはず。それがいつの間にロックミシンや職業用直線本縫いミシンやボタンホーラーやオーバーステッチミシンに進化したのだろう。不思議だ。欲望はスライドする。午後から新宿に出て G5 に接続するスピーカーをビックカメラで買った。単体の写真だと微妙な涙形だが、モニタの横に置くとすんなり収まる JBL Duet シルバー(もちろん mk が決めたのである)。トロワグロでサラダとパンを買って、すぐ帰る。トロワグロはいつも痺れるほど高い。こんな高価な食品は自分で働いていないと買えないなぁ、としみじみ思った。

2005年07月28日

パリ〜ルーベ

書き出しと締めが決まれば中身は何でもいいのである。何らかのテーマに対して緻密な考察を加えるなど無理。サイクルレース観戦が楽しくて、今は mk が録画しておいてくれた「パリ〜ルーベ」というクラシック・レースが流れている。何日にも渡ってレースをするツールとまた違う、ワンデー・レースだそうだ。一日で 200 km 以上走る。凄いな。土用の丑。うなぎを食べた。季節のものを粛々と遵守するのは、献立を考えなくていいので楽なのである。デザートの白桃は一コ ¥250。桃は夏の果物だっけ? ああ、眠いな。今日も最後までレースを観られない。夜、地元の友人が電話をくれて、久しぶりに長電話をして楽しかった。自転車に乗りたいな。明日は乗れるかな、まだ無理かな、と毎日考えている。今週は病院なので自転車で行けたら楽しいな…。先週末、地図を買って、会社の休み時間に眺めている。東京に来て十年になるが、行ったこともなければ地理関係もわからない場所ばかりである。日暮里とか、遠いのな! 都営大江戸線で通っていた「本郷三丁目」は東京大学の間近だったことを発見した。東大の脇を歩いていたのか…。知らなかった。

2005年07月30日

ピザ食べた

病院に行ったが電車で行ったよ…。土曜日に早起きなんて土台不可能な計画だった。九時半の予約で、うち出るの十時だもんな。いつも。千歳烏山の駅から病院まで、コンビニが三つある。最後のローソンでおにぎりとお茶を買い、待ち合い室で食べるのが習慣だ。豚角煮の夏おにぎりを一口食べたところで呼ばれた。早過ぎだろ! 会計も薬局も「なんかすいてた」。この間のミュージック・バトンで、ジャックス「からっぽの世界」を入れ忘れたと突然思いつく。CD はあるのだが、iTunes に入れていなくて見逃した。ライブラリは偉大だ。iTMS Japan が来るのか来るのかと静かに盛り上がっている。8/4(木)に東京国際フォーラムでイベントがあるらし。ジョブスが来るらし。あああー。昼はいつものモス、夜はケータリングのピザハット。ピザハットは安いが、ケンタッキーなのか? おまけのフローズンシェイクにそう書いてあった。

2005年08月25日

台風 11 号

灼けつくような音楽の焦燥が少し落ち着いてきた。iTMS や iPod が大好きだが、音楽本体に、それに比べる愛はあるのか?という疑念に捕われ苦しいのである。テクノロジ。無知なのだもの。まぁ、要するに、三十代の旧・渋谷系の皆さんはいかがお過ごしなのだろうか。我々は性格が悪く、群れなかったはずだから、ご機嫌を伺うのも筋違いなのだが。どうせ団塊ジュニアだしな。今週はごはんを作っている。毎日じゃこおろしを添えることに熱中している。「しらす」「じゃこ」「ちりめんじゃこ」のそれぞれの意味を辞書で調べた。じゃこは雑魚と記し、ざこと同義である。おそらくじゃこは関西訛りであろう。野菜の切れっぱしや、細かいごみみたいなものを「じゃみた」と言う。「じゃ」の語感と意味が通じる。しらすは身体の透明な稚魚を茹でたもの! ちりめんじゃこはそれを干す! という違いを学習しました。じゃこおろしは美味しい。ごはんによく合う。それから台風ですね。昨日今日と涼しい。食後にドリップコーヒーを入れた。

2005年10月10日

シアトルラテ

三連休は雨。この連休は例年いい天気だと思っていたのに。昨日はコンタクトレンズを買いに行ったら、mk を本屋で待たせているにもかかわらず、また執拗なセールストークに遭遇し、全然やる気ないハードレンズの試着など強要された。もうつきあい切れない、アイシティ。黙ってワンデー・アキュビュー売ってくれよ。いくらあおいちゃんが可愛くても駄目だぞ。別のコンタクトレンズ屋を探すぞ。それが面倒なのである。渋谷ビックコンタクトはよかったなぁ。眼科検診を強制されなかったし。今日も晴れ間を縫って買い物に出て、コンビニでスターバックスのラテ(¥210)を見つけて買った。いや、ちょっと歩けばスターバックスあるんだけど。夜はクリームシチューを作った。嗚呼、MT のバージョンアップができない。できないとそこで止まってしまう。

2005年12月01日

弁当宣言

よし!師走だ! 昨日、仕事の忙しさにアタマが飛び、帰りにジュンク堂書店とロフトと高島屋をガーッと回って買い物に走った。弁当を作りたいのである。職場から徒歩一分のベリー繁盛している弁当屋は、豪勢で出来たてあつあつで美味い日替わり弁当が ¥550 なのだが、揚げ物多用でカロリーが大き過ぎるのが難点だった(と気にしつつ二ヶ月通い詰めた訳だが)。夜、米を洗って、朝炊いて、おかずが無いのでごはんだけ持って行った。今の職場で初弁当である! コンビニで最愛の食品と言えば、味付きゆで卵。ミネストローネで優雅なランチであった。明日はおかずも入れたい…。起きられたら。弁当に限らず、やりくり上手の料理上手になりたい。かっこいい。作り置きなどしなければならない!

クウネルの本 私たちのお弁当

2006年01月04日

年賀状御礼

年賀状を出さなくなって十年ほどになるが、それでも送って下さる心優しい知人が、一人二人といる。せめてメールで御礼を申し述べる。年賀状によるコミュニケーションには独特の楽しさがあった。ハガキはグラフィックとして小さくてかわいい。いつか余裕ができれば再び参加したいものです。今日の昼食で雑煮は終了。夜はごはんを炊いた。使い方がよくわからないユリネを買ってあったのを、mk が調べて、炒め物にしてくれて食べた。美味かった。映画は小津「生れてはみたけれど」、寝た。夜は古畑任三郎だった。明日はイチローだ。

2006年01月14日

断食の前日に

HMV からメールが来て、年末に発注した三枚の CD が揃わない。キャンセルするならどーぞ。というような内容だったが、厳しく引き続き探すように命令した。偉くなったような気がした。起きたら雨だった。出かけるのが億劫で、ありものでごはんを作れないか算段する。何とかなりそう。冷蔵庫の中にいつとも知れぬ時から冷蔵してあるニョッキがあったのでそれを煮た。たいへん腹が膨れた。金曜日の昼から、鼻がむずむずする。くしゃみが出そうで出ない(たまに出る)。鼻水が垂れる。背筋がゾクゾクするような。アタマ痛い。…風邪では? 月曜日、年に一度の健康診断なのだが。生まれて初めて検便をした! 小学校ではギョウ虫検査だった。映画は「地に墜ちた愛」が上映されていたが、風邪の初期症状で全然観られず。その他はもうずっとヘッドフォンです。機種はほぼ一本に絞った。この欲望をいかにして二月末までコントロールするか、だ。

2006年03月15日

バターケース物語

今日は久しぶりにふらんす屋さんの弁当を食べて満腹である。ふらんす屋さんは年々静かに人気で、今日は瞬間風速七人待ちを記録していた。待ち合いの椅子は四つ。狭い店内はぎゅうぎゅう。ふらんす屋さんのおかずの味付けは、神懸かり的なバランスで激ウマイ。けれど、その料理人のおじさんは耳が少し遠いくらいのご高齢なので、いつまで営業が続くか心配である。その前に我々はこの地を去るであろう。機会があれば是非試していただきたい池ノ上の名店ふらんす屋さん。おすすめは「おまかせ弁当」。バターケースを引き取りに行ったのである。Farmer's Table は初めて行く。何となくバスで行こうと思い、バス停を探して四谷を三十分も放浪してしまった。会社の前の道を行けばいいのに、外苑西通りはもう一本向こうだと思い込んで、靖国通りに出たのが間違い。四谷三丁目までぐるっと回った。バスはすぐ来て、原宿駅前で降りる。キャットストリート沿いにあるはずだが、原宿・表参道・青山にろくに行ったことがないから、その道にどこから入るかよくわからずにとりあえず歩いた。表参道ヒルズらしき建物(ですよね? 同潤会アパート跡地)を左手に見て、曲がった。Farmer's Table は想像よりひっそりとした建物だった。店番の女の人が一人だけ。ここがバターケースを一年四ヶ月待たせてくれたのかと思うと感慨深い。本を眺めて(「ファーマーズテーブルの本」という本があるのだ)、衝動買いスイッチが入ったらどうしよう!と恐れてこれまで店に近付かなかったのだが、そんな恐ろしい店ではなかった。滞りなくバターケースをいただいて帰る。渋谷まで歩いた。それが今日の大イベント。昨日は、新宿から首都高でレインボーブリッジ→お台場→羽田空港→川崎から東京湾アクアライン海ほたるを経て、房総半島を館山まで行っただけで帰って来る無謀なドライブ。その前日はセンチュリーハイアットの日本料理店で春の懐石料理「東雲」。今日はオトートの担当。明日、箱根に行っていただいて、東京物語も終幕となろう。旅のご無事をお祈りしております。

2006年08月03日

豆腐と白身魚のしんじょ

食生活が貧しくて不幸である。調布の北口駅前にはパルコと西友がある。京王線のくせに西武の天下なのだ。パルコの地下はわかりにくい。建物の形がいびつ。レジが端と端に二カ所ある。意味がわからない。西友の地下は蛍光灯の古臭いスーパーである。深夜一時まで営業。レジは長蛇の列。こんなことを言っても詮無いが、下北沢ピーコックの食生活を懐かしむ。ふらっと歩けば食べたいものが美しく売っていた。食品売場は au が圏外だったことさえ懐かしい。もう惣菜暮らしには飽き飽きだ。食生活の不幸は家庭不和を招く。食べたいものを思いつく能力を活発に活動させなければならない。

今日のブックマーク:今日の晩ごはん
http://www2.tokai.or.jp/chimu/old-menu/dinner.html

About food

ブログ「hibi」のカテゴリ「food」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはdanceです。

次のカテゴリはfootballです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。