« アリさん | メイン | グーグルとつきあう »

2006年06月17日

Web 2.0


「ウェブ進化論」(ちくま新書)を読んだ。いかにグーグルは凄まじく素晴らしいか、という本で、そこは面白かった。読みやすく読み応えがありエキサイティング、という基本性能において、よい本である。最近、紀伊国屋書店一階の新刊棚が気になります。「ダヴィンチ・コード」文庫版なんか気になります。「さおだけ屋」、そそられます。グーグルやアマゾンは Web 2.0 なんだそうです! アドセンス、入れようかな。もうちょっと出力が美しければナァ。アップルストアのアフィリエイトに申し込みました。下に小さくバナー貼って大満足。アップルストアと iTMS のアフィリエイトを請け負っているリンクシェアは最悪にわかりにくいです。本気でアフィリエイトやっている人には便利なのかな。アフィリエイトの素敵な略語を考えて下さい。2ちゃんではアフィ厨、乞食と蔑まれます。アフィリエイトなんて、意味わかんなかったし、最初。自分はただ、本と CD の画像を借りたいとか、かっこいいバナー貼りたいとか、そういう原始的な欲望です。ロングテールという語の解説もあった。文化の辺境で生きる。ネットで生きることを一義にするなら、仕事なんか Tepco ひかり料金を払うためにしているだけ、という価値観の逆転が起きる。そんな気がしてきた。

Apple Store(Japan)

-- reif : 2006年06月17日 21:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.staticform.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/412

コメント

コメントしてください

サイン・インを確認しました、 さん。コメントしてください。 (サイン・アウト)

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


情報を登録する?